Home » 貴金属 » 婚約破棄、遺品整理……。ダイヤモンド買取に出すべきアクセサリーとは?

婚約破棄、遺品整理……。ダイヤモンド買取に出すべきアクセサリーとは?

ダイヤモンドのついたアクセサリーを手放す理由はさまざまです。
ダイヤモンドは高価な宝石ですから、もう使っていないものでもつい自宅で保管しておきたくなる方が少なくないのではないでしょうか。
ダイヤモンドはどういうときに買い取ってもらうべきなのでしょう。

1つは婚約破棄です。
婚約の際にダイヤモンドのリングを婚約指輪として女性に贈りますが、婚約が破棄になるとどうなるか。
女性から婚約指輪を贈った男性のもとに送り返されることがあります。
離婚した女性が保管していた婚約指輪の扱いに困る事態も少なくないでしょう。
その際はダイヤモンド買取を検討するタイミングではないでしょうか。

親戚などの遺品整理でダイヤモンドのアクセサリーが出てくるケースもあります。
ダイヤモンド買取では遺品などでも古物として扱われるため、査定には影響がありません。
喜ばしい事態ではありませんが、遺品整理もダイヤモンド買取を考えるベストタイミングです。

祖母などに依頼されて、代理でダイヤモンド買取を希望する方もいます。
その場合も特に身分証明などは求められず、現物の評価が基本になりますので心配はないでしょう。

ダイヤモンドは高価ですし、結婚関係でよく贈答される、思い出のこもりやすい宝石です。
ですが持っていても仕方がないと思うときは、口コミで評判のいい業者でダイヤモンド買取を検討してみましょう。

Comments are closed.