Home » 骨董品 » 骨董買取で高価買取を出すコツとは!?

骨董買取で高価買取を出すコツとは!?

骨董品といえば、刀に兜、鎧、日本画に西洋画、茶道具に掛軸などキリがありません。
勿論、その一点一点が非常に貴重なものでもあり、場合によっては自分が想像している倍以上の価格となる事だってあるのです。
さて、そんな骨董の買取なのですが、ここでのポイントとしては、どういった風に買取をすれば高価買取となるのでしょうか。
もちろん、価値のあるものであれば、高価買取が期待できるのですが、どちらにしても高価買取になるコツを覚えておけば、それ以上の価格で買取をしてもらう事ができます。
ここでは、そんな骨董品をより高価買取となるコツを紹介していきます。
参考にし、是非有意義な骨董買取を実現してくださいね。

やっぱり綺麗な状態が良い

骨董品は歴史的なものであれば、古くなります。
しかし、ここで注意しておかなければいけないのが、自分でできるメンテナンスはしておく事が大切という事です。
実は、鑑定士のよっては汚いだけでも価格を下げてしまう可能性があります。
それは、嫌がらせなどでは無く、綺麗にするための人件費などがかかるからです。
そんため、自分で拭き取れるようなホコリにゴミなどは取り除いておく事が重要となっていきます。
しかし、鎧に兜など特殊なものを無理に擦ったりするメンテナンスは辞めましょう。
キズを付けてしまうだけでも、大きく価格が下がってしまうので注意が必要となっていきます。

付属品を忘れないようにしておく

実際、骨董品を使う時はその商品を使います。
使う事なく飾っておくだけでも、同様ですが、やはり購入時などには保存袋や箱などが付属していたはずです。
昔から自宅にあり、そういったものが残っていない場合は致し方ありませんが、もし残っているのであれば、同時に持ち込む事をオススメします。
有名な陶芸家など、書家としても活躍していた方もいます。
そういった人は、箱などにも自筆で様々な詩を描いており、それだけでも大きな価格が付けられる場合があります。
そういった事を踏まえると、やはり保存袋などは無いよりあった方が、高価買取に結びつく事になるのです。
是非、用意してくださいね。

売り時を逃さない

骨董品というのは、歴史があるものですので勿論、古い場合は高価買取となる事が多くあります。
しかし、その時その時で大きく価格も変化していき人気が出るとあっという間に価格が下がってしまう場合もあります。
さらに、骨董品の場合は劣化が通常のものよりも進んでいます。
年月が経てば当然ではありますが、その分価格も減少していきます。
昨年買取しておけば、倍以上の価格で買取ができた…と、いう可能性だって否めないのです。
そのため、今が売り時かな?と、思ったタイミングは必ず逃さないようにしましょう。
勿論、焦って良く無い買取業者に出してはいけません。
吟味した買取業者での買取をしましょう。

新品などであれば未開封は基本

骨董品の中には、皿などのテーブルウェアなども多く含まれています。
そういった、箱入りのものというのは未使用というだけでも大きく価値が変わります。
箸などを自分が人から買取するとして、使ったものか、そうで無いものだったらどちらの方が良いでしょうか。
当然、後者ですよね。
それと同様に、新品の骨董品を持ち合わせるとしていたら、未開封徹底してください。
もしかしたら、もう使わないかもしれないから骨董買取しよう。
こういった思いを持っているのであれば、もう使う事はしない方が良いですね。
迷った時が売り時です。
是非、これらの事を守って骨董買取をしてみてください。
きっと高価買取となっていくはずですよ。

Comments are closed.