Home » 着物 » 着物の買取で鑑定士がチェックしているポイント

着物の買取で鑑定士がチェックしているポイント

着物の買取は他のジャンルよりも難しいです。
特に素人だとどのくらい価値があるのか判断できません。
しかし、だからといっていい加減に売ってしまうと損をしてしまうので、着物買取で見られるポイントだけでも押さえておきましょう。

生地

買取価格が高額になるかは生地の質が大きく関係しています。
知らない人も多いかもしれませんが、正絹の着物以外は売れないと思ってください。
正絹の生地でも織りが特殊だったり、絹を多く使用していたり、生糸の作成に手間がかかっているタイプは高額で取引されます。
着物を買取してもらう場合、どのような生地でできているのかをチェックしてみてください。

ブランド

ブランドも査定に大きく影響を与えます。
着物にも洋服のようにブランドがあります。
この場合、有名作家ともいいますが、どのような人がデザインしたのかというのも査定において重要です。
有名な人がデザインしたものであればあるほど評価が高くなり、高額で売れる可能性があります。
お店によっては有名ブランドしか査定してくれない場合もありますし、ノーブランドでもOKというところもあるので、売る着物のブランドによって買取店を選ぶようにしてください。

洋服と同じように着物の柄にも流行というのがあります。
今はその柄が流行っていても翌年には変わっているかもしれません。
その時によって人気の柄が異なるので、上手く流行に乗って売ることができれば、買取価格が高くなります。
査定に出したいと思った場合、今どのような柄が流行っているのかを確認しておいた方がいいです。

状態

当たり前ですが状態が悪いと評価が低くなります。
シミやシワが多かったり、痛みが激しいものは安く買取されることになるので注意してください。
ちょっとした油断で状態が劣化してしまうことがあるので、着用後の手入れは念入りに行いましょう。
また、どこにどのようにして保管するのかも重要になります。
着物は保管が難しいジャンルなので、正しい保管方法を身につけることが大切です。

Comments are closed.