Home » 着物 » 着物の買取について

着物の買取について

骨董品と並ぶ、伝統的な買取と言えば着物です。
その昔、お金が無くなってしまい大切な着物を質に出してしまった…など、そういったシーンがドラマなどなどでもよく見られました。
そういったくらいに、着物の買取というのは昔から行われているものなのです。
しかし、現代になると我々日本人も洋服を着る事の方が殆どで、特別な時以外に着物を着用する、という事が少なくなってしまったのも仕方が無いことでもあります。
しかし、着物はまだまだ需要が高く、多くの人々に求められている事が実態なのです。
ここでは、そんな着物の買取に関して、そして着物の買取の高価買取のコツなどをお教え致します。
是非、着物買取の参考にしてみてください。

着物買取とは?

まず、着物と一言でいっても様々な部分がある事をご存知でしょうか。
着物に帯、草履にかんざしなど様々な付属品なども着物買取の一員となります。
さらに、その着物も数々のブランドがあり、染めや作家などの違いで大きく価格が変化していくのです。
例えば、友禅染めなどの有名な染めで手刺繍で合った場合、その価格は1000000円を超える事も稀ではありません。
作家ものの帯であっても同様で、独特の美しいデザインや使われている生地などでも大きくその価格は変化していくのです。
そのため、自宅に眠っている着物を買取に出してみたら、かなり高価買取となる場合もあるのです。
是非、チェックしてみてください。

着物買取でオススメの買取業者って?

着物買取も、骨董買取などと同様に場所を選ばなければいけません。
ある程度の知識だけでは無く、現在の市場の動きなどにも敏感な鑑定士がいなければいけまえせん。
さらに、査定料金に出張費、キャンセル料など様々な部分で無料である事も大切な要因となっていきます。
そういった部分をクリアしている買取業者で無い場合は、損をしてしまう事もあるので注意してください。
インターネットなどの口コミなども、そういったところで重要になっていくポイントでもありますし、必ず目を付けて行く事をオススメしています。
トータルで見て、そして選択をする事がとても大切であるという事なのです。

古くなってしまったものはダメ?

着物を頻繁に購入しているような方であれば、新品なども数多く持ち合わせている事でしょう。
しかし、中には自分は着なかったが祖母が着物好きで良く着ていたという事があります。
そういった場合なのですが、もう古いしシミなどもついているから…と、買取に億劫になってしまう事も考えられます。
しかし、そこまで心配する必要は一切ありません。
何故なら、実力のある鑑定士であれば、こういった傷ついたり古い着物でさえも、確実な査定をしてれるので、買取が可能になる事の方が多いからです。
まず、迷っているのであれば、一度店頭に持ち込んでみる事をオススメしています。
それが、ポイントとなるのです。

数々の付属品も持ち込むこと

着物買取でも同様に、付属品などは持ち込むべきでしょう。
袋であったり着物が保存されている箱。
こういったものを考えると、必ず付属品があると高価買取となります。
実際、着物などは保存が非常に難しいものとなります。
ニオイもつきやすいですし、何といっても型くずれも心配されます。
簡単に洗濯をする事もできないので、あまり手を入れすぎても劣化してしまう繊細なものです。
だからこそ、こういったしっかりと元の未開封のような状態で、全て揃っている持ち込みの仕方というのは、非常に高価買取が期待できるのです。
無理をせず、こういった流れを考えて買取を行ってくださいね。

リンク:ランキング調べる

Comments are closed.