Home » 骨董品 » 甲冑を買取に出すなら知りたい、甲冑の今昔

甲冑を買取に出すなら知りたい、甲冑の今昔

エコの観点からも、非常に近頃では買取が注目されている事で知られています。
この買取なのですが、とにかく古美術品が人気であり、数々の人々がこの古美術品を買取に出しています。
中でも、近年注目されているのが甲冑ですね。
この甲冑なのですが、基本的には昔の戦国時代であったり江戸時代など、数々の歴史の中で様変わりをしてきた日本を代表する古美術品です。
買取でも人気です。
ただ、現在も甲冑は作られており、高い技術を持った名工達も多く残っています。
そこで今回は、この甲冑の今昔を見て行きたいと思います。
一体、甲冑の今と昔では違って行ったのか、その辺りに注目してみましょう。

◇昔の甲冑とは?
まず、昔の甲冑の特徴としては戦闘用に作られている事が大きなポイントとなります。
和紙や革などで作られているのですが、強度を日々研究して新しい甲冑を作る取組みを長く続けていた事でも知られています。
また、その甲冑が変化の兆しを見せたのか火縄銃の登場。
有効射程が7m位だったので7m以内で射撃して、その強度を見せたそうですね。
そして、そういった戦国時代を過ぎた江戸時代の頃には、今度は用途が戦うためでは無い、装飾的で華美な甲冑が作られて行きます。
飾り鎧としての甲冑も増え、非常に熟練された技を持つ名工達の手によって甲冑が生み出されていたそうです。

◇現代の甲冑
甲冑を着てパレードなど、数多くの場所で行われているほど、現在甲冑は人気があります。
さらに、金属製甲冑など軽く強度に優れたカジュアルな甲冑も販売されており、人気を集めているのです。
勿論、昔ながらの製法で作る場所もあり、本物であればあるほど、買取でも人気があります。

◇どちらの方が高価買取
やはり、近代のものと昔の甲冑であれば、劣化が激しくないのであれば昔のもの方が高価買取となります。
本物の大名が着用していた、となれば数倍は違ってきます。
しかし、現在も素晴らしい職人の作ったものであれば、それはそれで高価買取となります。
甲冑は、今も昔も魅力に溢れたものである事は変わり有りません。

甲冑の買取についてもっと詳しく知りたい方

Comments are closed.